車ヒストリー道場

113月/16Off

下取りされる条件

一昨年、わたしの母親が車を買い替えました。
新しく購入したのは、スズキのスイフトでした。
その時に、それまで乗っていたトヨタプリウスを買取してもらいました。

下取り価格は、20万円ほどでした。
その時、自動車屋の社長が、四駆ならば、もっと高く下取りするといったのを覚えています。
わたしから見れば、何年も乗ったエブリイを20万円で下取りしてくれるなんてすごいと思うのですが、四駆ならばもっと高くてもいいといわれたのでした。

田舎なので、エブリイのような箱バンタイプの軽は需要があるみたいです。
しかも、四駆ならば、もっと高くてもいいというのは、やっぱり四駆の箱バンは、人気が高いのかなあと思ったのでした。
そして、下取りというものは、後で売れる見込みがあることが条件だとも思ったのでした。

実は、7年前に、その自動車屋で、わたしも車を買ったのでした。
ダイハツのエッセでした。
その時に、それまで乗っていたマツダのファミリアを下取りしてもらいました。

9年ほど乗ったものでした。
その時には、社長が私の家で、ファミリアのエンジンをかけて、音をよくきいていました。
そして、まだ売れると判断したのか、10万円で下取りしてくれました。

この車は、のちに、その自動車屋で、20万円で売られたそうです。

Filed under: 未分類 Comments Off